納豆と僕について

 

こんにちは、なまこです!

 

先日、納豆とミツカンの讃美歌を書いたんですが、

これじゃ本当の良さが伝わらないと思ったのでちょっと追加記事書きます。

 

(↓以前の納豆讃美歌)

namako151.hateblo.jp

 

 

その前になんで僕がこんな納豆にこだわるのか聞いてください。(お願いします)

 

 

 

 出会い

 

僕が納豆に出会ったのは、確か小学校1年生の夏の終わりくらい。

肌を刺すような暑さが和らいだけど、まだ半袖でいられるくらい暖かい季節だったと記憶している。

 

朝食の食卓にあったのは納豆。

かき混ぜて白米にかけて食す。

 

「あ、この豆、意外にうまいじゃん」

 

僕と納豆との出会いはこんな感じだった。

 

 

いつもの穏やかな朝。

雷に打たれた衝撃も、感動もなかった。

 

母が作るおいしい朝ごはんの脇にあった、一つのおかずとして

納豆は僕に出会った。(擬人化)

 

それから僕は納豆を毎日食べるようになった。

理由はない。

 

 

たまたま僕が連日続けて納豆を食べる

→ 僕が納豆好き、と母が勘違い 

→ 母が毎日納豆を買ってくる 

→ 納豆が冷蔵庫にあるので食べる

というサイクルがうまくハマったのかな。

 

いずれにしても納豆を毎日食べるようになったのです。

 

 

納豆を食べるようになって約3年後。

 

小学校4年生くらいになると足の裏から納豆の臭いがするようになった。

 

足が臭すぎて女子に嫌われ始めた。

学年で一番かわいかった織田さんに

「くさっ!」

と言われたことを今でも覚えている。

 

その日は家で泣いた。親に隠れて泣いた。枕を濡らして泣いた。

 

でも納豆はやめなかった。なぜかやめられなかった。

 

そのまま中学校高校を卒業する。

(中学生くらいで足をきれいに洗うようになったら足の納豆臭はとれたww)

 

大学に入学し講義中に、ふと「クレヨンしんちゃん」を思い出したことがあった。

のはらしんのすけは、きれいなお姉さんを口説くとき、

 

「納豆にネギ入れるタイプ~?」

 

とか言う。

 

 

大学の講義中にこの言葉を思い出したのだ。

今でもなぜ大学の講義中にふと思い出したのかわからない。

きっとこれが神の啓示というやつか。それとも運命か。

 

その日の大学からの帰り道、スーパーに寄っていつものミツカンの納豆「金のつぶ」と長ネギを買った。

家でネギを切って納豆に入れてみた。

 

・・・

・・・

 

衝撃が走った!!!!!

 

「やべェ!!!!!納豆にネギ、うますぎるっっっ!」

「ネギ、神ってる!!」

 

「のはらしんのすけ・・・・!!!」

 

          (↓本当にこんな感じになった!)

    f:id:namako151:20180329215055j:plain

 

それから納豆を一日3~5パック食べ続けた。

止まらなくなった。

 

でも一カ月もすると1~2パックで落ち着くようになった。

でもそれからずっと納豆を毎日1~2パック食べ続けている。

 

 

よく言われるのだ。「納豆好きだね」と。

いやそうじゃないんだ!

フォーリンラブとかそういうレベルじゃないんだ。

だって空気にフォーリンラブとか言わないでしょ。

 

空気と一緒、僕にとって納豆はあって当たり前なのだ。

つまり「No 納豆 No Life」というやつ。

 

 

注意してほしいのがミツカンの「金のつぶ」でなくてはならないのだ。

いろいろ(他社のも)チャレンジしているが、ミツカンの「金のつぶ」が最もしっくりくる。

   f:id:namako151:20180314220503j:plain

 

ちなみに大学時代、納豆の聖地、茨城県水戸市にも行って納豆いろいろ食べた。

いろんな種類(種類は驚くほど豊富)があって面白かったし、おいしかったけど水戸の納豆は僕の日常に入り込んでいない。

 

なぜなら日常に深く入り込む「納豆」には安価手に入れやすいという要素は必須なんです。

僕が水戸で見た納豆は(ちょっと)高価で、静岡県では手に入れにくいのだ。

(でもまた水戸に行って納豆食べまくるつもりです!)

 

 

 

でさ約26年間、ほぼ毎日(平均すると)1~2パックの納豆を食べてきたわけです。

 

これが普通だと思っていたの。

でも最近気づいた。これあんまり普通じゃないんだって。

みんなここまで納豆食べてないんだ。

驚いた!!

 

 

だから先日、納豆の讃美歌を書いたんです。

(↓まさにこんな気持ちで!)

f:id:namako151:20180329215202j:plain

 

 

 

前回、納豆の讃美歌を書くにあたり納豆について、いろいろ調べました。

 

そして26年も付き合ってきたのに僕は納豆の事、全然知らないことに気付きました。

讃美歌だけでは伝わらないと思ったので、経験談も交えてお伝えします。

経験談はあくまで個人的主観です。ご注意ください)

 

納豆のメリット(グーグル検索+経験談

・血液がサラサラになる(ナットウキナーゼ)

コレステロール値を下げる

・便秘解消

・美容効果(イソフラボン

・消化がよい

・健康食品(良質なたんぱく質と5大栄養素含有)

・おいしい!(経験談

・飽きない(経験談

 

 以上が主な納豆のメリットです!

 

でも納豆を食べ続けていて上の「おいしい」「飽きない」以外のメリットを感じたことはあまりないのです。

正確に言うと毎日食べることが日常になっているから、納豆の効能を実感することが(今のところ)ないんです。

でも本当に健康食なのは間違いないですし、おいしいです。

 

 

しかしデメリットは明確に語れます。以下、僕の経験上のデメリットです。

 

納豆のデメリット(なまこ経験談

・(親から息が)納豆臭いといわれる。

  →これは納豆を食べた後、親から言われることが多いです。

   ちゃんと歯を磨いて仕事に行けば問題ないでしょう。

   ブレスケアをすればなお良し!

   (僕の小学校時代の臭い足は洗浄が甘かったためです。 

    断じて納豆のせいではありません)

 

・(親から息が)ネギ臭いといわれる。

  →これは納豆に沢山ネギをのせて食べた後、親から言われることが多いです。

   ちゃんと歯を磨いて仕事に行けば問題ないでしょう。

   ブレスケアをすればなお良し!

 

・朝、冷蔵庫に納豆がないと仕事に行く気にならない。

  →これはホントに注意が必要です。仕事をする上で気持ち(モチベーション)は

   とても重要です。仕事の進度にも影響します。

   そうならないように前日の夜、冷蔵庫内の在庫の確認をすることは必要です。

 

 

まとめ

健康食としてメリットが多すぎて、デメリットというデメリットがないと思います。

そもそもお口のケア、息のケアをすればデメリットなんてほとんどありません。

納豆食べて健康LIFEを送りましょう(^-^)!

 

f:id:namako151:20180329215354j:plain

 

あ!あと足をきれいに洗うことはとても大事です。

(小学生の時、足が納豆並みに臭かったということはそれだけ表面で発酵が進んでいたということだよね・・・。今思うと恐ろしい・・・。)

 

今の足は納豆の臭い、消えています!

今の足は納豆の臭い、消えています!!

(大事なことなので2回言いました)

 

※相当主観の入ったまとめです。

 納豆が苦手な方、アレルギーの方は摂取をお控えください。

 

 

 

【納豆トリビア】 ※おまけ 

・7月10日は納豆の日

・納豆購入額ランキング1位は福島市水戸市は2位)

・かき混ぜるとおいしくなる!

 (まぜると旨みが増す。かき混ぜ回数は400回がベストだそうです)

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました(^-^)

以上!またね!